単純に料金が安いから

電卓とトラックの模型

引越しをしたい時には、会社などでお金を出してくれない限り、実費でお金を払うことになるはずです。実費でお金を払う場合には、可能な限り無駄な出費を抑えたいところです。引越しの場合には、何か商品を購入する場合と異なりお金を出せば満足度が高まるのとは少し異なります。可能な限り最小限の出費で抑えたいところです。そこで格安の業者があるとすれば、その業者をぜひ利用したいと考えるはずです。格安の業者が人気の理由は、言うまでもなく料金が安いからでしょう。料金が安いということは、その分だけ無駄な出費が減り、別のところにお金を回すことも可能です。特に新婚の場合には、いろいろな電化製品や家具などを購入せねばならず、負担が少ない方が順調なスタートを切ることが可能になります。

トラックの台数によって変わる

格安で引越しをするためには、どのようにしたらよいでしょうか。その費用を抑えるための方法の一つは、可能な限り荷物を減らすことです。基本的に引越し業者は、費用を決めるときトラックの台数で決まります。トラックは2台になればその分運転手も増えますので費用が高くなる仕組みです。当然ながらトラックを貸し出すことやガソリン代なども含めると割高になるのは当然といえるでしょう。そこで利用者としては可能な限り、トラックを使わずにしたいところです。つまり自分で運び出すことが可能な荷物があれば運び出してしまいましょう。引っ越し業者の人に、どれぐらいの荷物なら一台のトラックに積載できるかを聞いて、少し余裕を持って荷物の準備をしておく必要があります。

安い時期を検討しよう

可能な限り格安で引越しをする場合には、業者選びも重要になりますが、それ以上に安くするためには時期を検討する必要があります。引っ越し業界では、三月から四月は繁忙期といわれています。場合によっては、二月の後半も繁忙期に入れるところもあります。その時期は格安にならず割高になる傾向があるでしょう。このように考えれば、可能な限りその時期を避けて移動したいところです。それと同時に、曜日なども確認しておきましょう。日本人は仏滅に引越しをすることは縁起が悪いとしているため、業者を使う人は少ないです。ですが、それを信じないならば、あえて仏滅の日に引越しを入れるのも一つの方法です。業者の方もできるだけほかの日と均等に仕事を振り分けたいため、仏滅の日だけは格安にしている可能性もあるでしょう。あえて仏滅をねらうことで、通常よりも1割から2割引きぐらいで移動することが可能になります。

広告募集中